インフルエンザは39度から40度と高熱

風邪とインフルエンザの違いって何でしょう。風邪は普通感冒と言われ、インフルエンザは流行性感冒と言われます。同じ感冒ですが風邪は症状の総称で、インフルエンザは疾病名になり病気の一種ということになります。

また症状に違いが出てきます、風邪の場合は主にのどや鼻ですがインフルエンザは全身に出てきます。熱も風邪は38度前後ですがインフルエンザは39度から40度と高熱になりやすく鼻水もインフルエンザはあとから出てきます。初期症状が鼻水や咳が風邪、二次症状で出るのがインフルエンザです。

また感染から1日、2日潜伏し3日目くらいで急激に悪化します。だいたいここで高熱が出て悪寒や頭痛や下痢、おう吐、関節痛などの自覚症状が現れます。

子どもは急性脳症やひきつけなどの合併症を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあるのでインフルエンザの疑いがあるような症状でしたらきちんと診断をしてもらいましょう。インフルエンザにも種類がありA型、B型、C型と3つに大きく分けれられ人間の世界で流行するのがA型とB型です。

最も一般的と言われるのがA型で感染力が強く世界的に流行しやすい。また急激に熱が上がり、そしてザ・インフルエンザの症状がオンパレードで出てきます。

それに比べB型は高熱にはなりにくく自覚症状が少ないうえに体内にウイルスの滞在期間が長いので他の人に移しやすく解熱もA型よりも時間がかかります。

インフルエンザにもこのようにタイプがあり、今年はもうすでにかかったからもうかからないだろうと思ったら大間違い。例えばB型にかかって免疫が出来ても、A型の免疫はないのでインフルエンザに2回かかるということもありえるのです。インフルエンザの予防としてはワクチン接種があります。

インフルエンザの流行は12月からなので遅くても11月には済ませておくことです。ワクチン接種から2週間後くらいに予防効果が出始めます。ワクチンは約5カ月ほど持続するのでシーズン中は効果があります。

またこれは風邪にも共通することですが、冬場は乾燥しやすいので湿度を60%~80%に保つことです。乾燥するとウイルスは活発になり、湿度があがると死滅していきます。また乾燥による喉の粘膜の働きが低下しウイルスが侵入しやすくなります。

ここからは少し小話ですが南極や北極のような極寒の地では風邪やインフルエンザは感染しないって聞いたことありませんか。これはウイルスが気温が低すぎて仮死状態になるため。これを初めて知った時はすごく意外に感じました。